レーザー手術とPD法について。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症等の手術方法の解説。京都「わたなべ整形外科」
 
医院の特徴  
院長の紹介  
当医院の診察をご希望の患者様へ  
当院の手術実績  
 
交通アクセス  
関連リンク  
腰部脊柱管狭窄症特集ページ
腰部脊柱管狭窄症とは  
手術的治療について  
保存的治療について  
腰椎椎間孔狭窄症について  
PED法について  
他の病院で手術をしても治らなかった難治腰痛について  
腰痛の保存的治療  
腰痛の手術的治療  
レーザー手術&PD法  
腰椎椎間板ヘルニア  
腰痛疾患のQ&A  

 
 
   レーザー手術 & PD法

「腰椎椎間板ヘルニア」って?

 椎間板をテニスボールに例えると、テニスボールのゴムが線維輪で空気が髄核といえます。髄核は水分を含んだ柔らかい軟骨です。ゴムが傷み亀裂が生じて空気が後方へ漏れ出た状態がヘルニアです。

 

ヘルニアにおけるレーザー手術(PLDD法)の説明

 小さなヘルニアではヘルニアの脱出部分はそのままにして、椎間板の内圧を下げてやるだけで改善する可能性があります。

 PLDDは髄核にレーザーを照射し、生じる熱エネルギーにより髄核に空洞を造り(蒸散)椎間板内圧を下げるものです。したがってある程度以上に大きくなったヘルニアは無効です。また、高齢者は内圧が高くないので勧められません。脊柱管狭窄症やすべり症には全く無効です。
PLDDの守備範囲は限定されますが局所麻酔で行え、時間も30分と短く、1日の入院で済みます。しかし、保険は適用できません。

 

▲ページの上部へ移動

レーザー手術と同じ原理のPD法の説明

 レーザーの代わりに小さな鉗子で髄核に空洞を造る方法です。
レーザー法と同じく小侵襲で治療効果は同等かむしろ少し良好です。この方法は保険が適用されます。
当院では効果の点と、保険適用である事からレーザー法よりPD法を多く施行しています。
この方法は小侵襲で簡易な方法ですが、厳密な適応判断が必要です。一度受診して下さい。MRIが持参できる方は持参して下さい。
入院は当日入院、翌日退院です。

 

▲ページの上部へ移動

レーザー手術(PLDD法)・PD法の保険適用について
レーザー手術
(PLDD法)
保険は適用されません。
頚椎、腰椎とも30万円で、2椎間の場合は15万円増しです。
PD法
保険が適用されます。