椎間板ヘルニア(PELD・PED/経皮的椎間板摘出術)、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、多数回手術症。脊椎疾患、腰痛疾患専門の「わたなべ整形外科」
 
医院の特徴  
院長の紹介  
当医院の診察をご希望の患者様へ  
当院の手術実績  
 
交通アクセス  
関連リンク  
腰部脊柱管狭窄症特集ページ
腰部脊柱管狭窄症とは  
手術的治療について  
保存的治療について  
腰椎椎間孔狭窄症について  
PED法について  
他の病院で手術をしても治らなかった難治腰痛について  
腰痛の保存的治療  
腰痛の手術的治療  
レーザー手術&PD法  
腰椎椎間板ヘルニア  
腰痛疾患のQ&A  

 
 
   腰椎椎間板ヘルニア最小侵襲手術をより進めるため
 PD法をさらに発展させた「PED法」について

経皮的内視鏡下椎間板摘出術(PELD手術)

当院では、この手術法はすでに
PD 法(Percutaneous Lumbar Discectomy):経皮的椎間板摘出術
として 131例 の臨床例を積み重ねてきました。

PED 手術は文字どうり PD 法に E(内視鏡)を加えたもので、
PD 法から、PEDPELD)法へ発展させました。
PED 法にて良好な成績を得ています。

PD法とは

○ 局所麻酔下に
○ 経皮的に
椎間板ヘルニアを摘出するもので、レントゲン透視だけでアプローチします
○ 椎間板に小鉗子を挿入し
○ ヘルニアの基部の椎間板(髄核)を摘出し
○ 椎間板内圧を下げて、神経組織の除圧を計る

PD法 画像

PED法とは

PD法にE(内視鏡)を加え、
内視鏡イメージ下にヘルニアを直接観察しながら摘出するものです。

PED法 画像

皮膚切開は6mmで腰椎正中外側に置きます。

局所麻酔です。

 

 

 

 

 

レントゲン透視装置を使用し、器械を誘導します。

椎間孔から内視鏡を入れます。

椎間孔って何?

腰椎の側方に神経根が出てくる通路(穴)があります。
これを、椎間孔といいます。
この穴から内視鏡を挿入します。

椎間孔 画像

PED法を図で示します。

椎間孔から7mmの外套管を通じて操作用の管をもつ約6mm径の内視鏡を挿入し、
椎間板に達します。内視鏡イメージ下に、ヘルニアを摘出するものです。

内視鏡によるPED法手術

PED内視鏡とMED内視鏡の大きさの比較

大きさの比較

PED法の特徴は

局所麻酔
骨切除を要することは少なく
関節を損傷することはない
筋肉を損傷することはない
皮膚切開は6mmと小切開
後方からの内視鏡術(MED)より小侵襲
1日の入院
MEDより社会復帰が早い

     しかし

脊柱管が狭いもの
椎間孔が狭いもの
椎間板腔が狭いもの
ヘルニアが上下に大きく移動したものは制限される
欧州や韓国では普及している

再発性ヘルニアの例

PEDにてヘルニアは完全に摘出されています。

再発性ヘルニアの例

横断面では

再発性ヘルニアの例

再発ヘルニアの手術は従来の後方からのアプローチ(MED)では、癒着が邪魔をして手術しにくいという難点があります。PED手術は側方からのアプローチであるため、この難点をすり抜けます。

ヘルニアの摘出

ヘルニアの摘出

PED法を導入しています

○ 良好な臨床成績を得ています。