> PELD法について

PD法をさらに発展させた「PED法」について

 

当院では、この手術法はすでに

PD 法(Percutaneous Lumbar Discectomy):経皮的椎間板摘出術として

131例 の臨床例を積み重ねてきました。

PED 手術は文字どうり PD 法に E(内視鏡)を加えたもので

PD 法から、PEDPELD)法へ発展させました。

PED 法にて良好な成績を得ています。

 

 

○ 局所麻酔下に

○ 経皮的に
椎間板ヘルニアを摘出するもので、レントゲン透視だけでアプローチします

○ 椎間板に小鉗子を挿入し

○ ヘルニアの基部の椎間板(髄核)を摘出し

○ 椎間板内圧を下げて、神経組織の除圧を計る

 

 

PD法 にE(内視鏡)を加え、内視鏡イメージ下にヘルニアを直接観察しながら摘出するものです。

 

 

 

局所麻酔です。

 

 

 

 

椎間孔(ついかんこう)って何?

腰椎の側方に神経根が出てくる通路(穴)があります。
これを、椎間孔といいます。
この穴から内視鏡を挿入します。

 

 

 

椎間孔から7mmの外套管を通じて操作用の管をもつ約6mm径の内視鏡を挿入し
椎間板に達します。内視鏡イメージ下に、ヘルニアを摘出するものです。

 

 

 

 

局所麻酔
骨切除を要することは少なく
関節を損傷することはない
筋肉を損傷することはない
皮膚切開は6mmと小切開
後方からの内視鏡術(MED)より小侵襲
1日の入院
MEDより社会復帰が早い

  しかし

脊柱管が狭いもの
椎間孔が狭いもの
椎間板腔が狭いもの
ヘルニアが上下に大きく移動したものは制限される
欧州や韓国では普及している

 

横断面では…

 

再発ヘルニアの手術は従来の後方からのアプローチ(MED)では、癒着が邪魔をして手術しにくいという難点があります。PED手術は側方からのアプローチであるため、この難点をすり抜けます。

 

 

 

○ 良好な臨床成績を得ています。